運動で筋肉を動かして血行を良くする簡単な方法

最近の現代人は、運動不足やストレスなどの生活習慣が乱れやすくなり、体の血行が悪くなっている方が多いです。

 

血行が悪くなると、腰痛や肩こり、極度の冷え性、疲れやすいなどの症状が現れやすくなります。

 

また内臓の機能が落ちやすくなるため下痢や便秘などの消化器官の乱れや、免疫力の低下にも繋がり風邪をひきやすくなります。

 

そして、このような体質で悩んでいる方は多く、原因は血行不良であることがほとんどです。

 

この血行不良を改善するには、日頃の運動が効果的です。

 

これから手軽に行える運動方法を2つご紹介します。

 

.外出時に意識をして体を動かす

日々、運動の時間を取ることが出来ない場合、外出している時に運動を心掛けるだけで血行を促すことが出来ます。

 

例えば、普段より歩く量を多くする方法です。

 

歩くときに気を付けることは、背筋を伸ばし脚を高く上げて歩くことを意識します。

 

そしてしっかり地面を蹴って歩くことです。

 

速さは少し息切れを感じるぐらいで行います。

 

筋肉を刺激することで筋肉がポンプの役割になり、血流を上げることが出来ます。

 

また筋肉の多くは脚に集中しているため、歩く方法は血流を良くするために効果的な方法です。

 

ストレッチをして筋肉を動かす

ストレッチをして体を動かすことは、体に滞っている血流を促進させるために良い方法です。

 

しかしストレッチのために時間を削ることが出来ない方もいます。

 

そのため、ながらストレッチを取り入れる方法があります。

 

例えば、テレビなどを見ながら腕を上げて体を倒す方法です。

 

両わき腹が伸びて、筋肉を刺激することが出来ます。

 

他にも歯磨きをしながら、踵を上げたり下げたりすることでふくらはぎの筋肉を刺激して、脚の末端の血流を促します。

 

このように運動のために特別な時間を使うことなく生活習慣に取り入れることで、簡単に血流改善をすることが出来ます。

 

肩こりや冷え性などの症状で血行不良に悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>血行改善サプリメントTOPに戻る