食事による血行改善方法

血行改善効果がある食品

血液がサラサラになる効果がある食品として真っ先に挙げることが出来るのが魚です。

 

魚に含まれているDHAに血液の流れを良くする働きがあり、EPAには血液の粘性を減少させ血液自体の流れを改善する効果が期待できます。

 

またEPAには血小板が血管内で固まるのを予防する働きもあります。

 

魚の中でもマグロ、サバ、イワシといった青魚や鰻、鰤などを食べるように心がけましょう。

 

また大豆製品にはビタミンB群、ミネラルが沢山含まれます。

 

特に大豆サポニンには血中コレステロール値を低下させ血栓を予防する効果があります。

 

大豆の加工食品である納豆にはナットウキナーゼが含まれているので、血液をサラサラに対する効果が他の大豆製品より高いと言えます。

 

他にも玉葱、ニンニク、生姜、緑黄色野菜、梅干し、きのこ類、ヨーグルト、海藻類などの食品を意識して食べるようにして下さい。

 

血液がドロドロになる食品は控える

逆に血液がドロドロとなり血液の流れを悪くする食品が存在します。

 

それが脂が多い肉類、生クリーム、バターを使用した乳製品、さらにはインスタント食品やスナック菓子。

 

血行を改善したいときは、これらの中性脂肪やコレステロールを沢山含む食品の摂取は出来るだけ控えるようにしましょう。

 

水分はきちんと摂ることが重要

血流の流れが良くないと感じている場合は水分をきちんと摂取することが重要です。

 

目安としては1日2L程度。

 

水分補給は一度にまとめて飲むのではなく、コップ半分くらいをゆっくり飲むようにしましょう。

 

一度にたくさん摂取しても大半の水分は体内で吸収されず排泄されてしまうからです。

 

回数を分けて飲むことが血行を促すためのポイントです。

 

 

>>血行改善サプリメントTOPに戻る