お風呂で血行を良くする方法

 

お風呂につかると血行が促され、老廃物がスムーズに排出され、美肌作りにも役立ちます。

 

こちらでは、血行改善に効果的なバスタイムの過ごし方をご紹介します。

 

ストレッチをする

 

まず湯船に浸かります。汗をかくためには半身浴がオススメです。

 

じわーっと汗が出てきますので、汗が出てきたら首や肩まわりのストレッチをゆっくりやります。

 

ものすごく気持ちいいのですが、大量に汗がでます(笑)あんまり汗が出る場合は、水を持ち込むことをオススメします。

 

新陳代謝も高まり、血行も良くなる風呂でのストレッチはオススメです。

 

ふくらはぎや足をマッサージする

 

湯船に半身浴で浸かり、足やふくらはぎをゆっくりマッサージするとかなり血行が良くなり、足が軽くなります。

 

ふくらはぎはマッサージしてると、ゴリゴリする場所があります。

 

あんまり力は入れずに、優しくゆっくりマッサージしましょう。

 

ストレッチと同様に、汗が大量に出るので水は持ち込んでたほうがいいかもしれません。

 

ふくらはぎの他に、太ももや足の裏もマッサージすると気持ちがいいです。

 

血行がよくなり疲れが取れて、次の日も足が軽くなります。

 

冷水シャワー

 

マラソン選手が足の疲れを取るためにやっている方法です。

 

まず、冷水シャワーを足全体にかけます。

 

慣れないうちは冷たいのでちょっと痛いです。

 

まんべんなく15秒ぐらい冷水シャワーを当てたら、湯船に浸かって体を温めます。

 

30秒ぐらいで温まるのはいいみたいですが、自分の場合は1分間ぐらいゆっくりと浸かっています。

 

体が温まったら、また冷水シャワーをします。

 

そして、湯船にまた浸かる。

 

冷水シャワーと湯船の繰り返しを4回ぐらいします。

 

すごく足が軽くなります。

 

冷水シャワーは筋肉痛の原因となる乳酸を和らげてくれる効果があるそうです。

 

冷やした部分を湯船で温めれば血行促進になります。

 

日頃の足の疲れの軽減にもなるのでオススメですよ♪

 

 

>>血行改善サプリメントTOPに戻る