冷え症の原因は筋肉不足

冷え性という女性は多いのですが、男性で冷え性というのはあまり聞きませんね。

 

冷え性の女性が多いのは男性に比べて筋肉量が少ないからです。

 

体を動かすと誰でも体が温かくなりますが、これは筋肉が動いて熱を発生させているからです。

 

筋肉が少ない女性は熱の発生量が少なくなるだけではなく、基礎代謝も下がってしまうので冷え性になってしまうのです。

 

冷えを改善するには運動して筋肉をつけることが大切ですが、特にももの周りや肩甲骨の周りには大きな筋肉が存在するので、そこを重点的に動かすようにすると体がすぐに温まって冷え症の改善にも効果があります。

 

 

自律神経の乱れも冷えを生む

 

女性に冷え症が多いのはホルモンバランスを崩しやすいためでもあります。

 

女性の体はとてもデリケートなので睡眠不足やストレス、それに過度のダイエットなどもホルモンバランスを乱す原因となります。

 

ホルモンバランスは自律神経の働きととても関係が深く、ホルモンバランスが悪くなると自律神経の働きも悪くなります。

 

更年期になって女性ホルモンが減ってくると冷え症になったり、反対にのぼせて大量に汗をかくようになりますがこれは自律神経の乱れが原因となっています。

 

自律神経の働きを改善するにはストレスをとにかくためない事、バランスの良い食事を摂る事そして夜はぐっすり眠ることです。

 

冷え症に悩んでいる人はもしかしたら自分の体や心を大切にしていないのかもしれません。

 

もう一度自分の生活を見直して生活を改善してみましょう。