冷え症の原因、予防、対策

寒い時期になると、手や足が冷たくなる、体全体が冷えて温まりにくい、このような冷え症の症状がある方に、原因、予防、対策をお伝えします。

冷え症とは

冬になると、外の温度が低くなるので手や足は冷たくなります。

しかし先端が温まりにくく、いつも冷えを感じているタイプの方は冷え症です。

体が冷たいと感じて運動してもなかなか暖まらない方も冷え症です。

私たちはストレスを感じると、体温調節の命令を出す自律神経が乱れます。

また室内と外気の温度の差が激しくても自律神経が乱れ、このことが冷え症の原因になります。

体を締め付けるガードルや下着、パンプスを履いていると、血行が悪くなり皮膚の感覚が鈍くなるために、体が冷えることがあります。

筋肉が少ない人は、血流も悪くなり冷え症になります。

女性は男性よりも筋肉が少ないので、冷えを感じやすいです。

無理なダイエットや不規則な生活で、女性ホルモンのバランスが乱れると、血行が悪化し、冷え症になります。

冷え症の予防と対策


冷え症を予防するには、体の内側から温めて、血行をよくしてあげて自律神経の乱れをなくしておきます。

体を冷やすようにな甘いものを少なくして、ビタミンB1、C、E、たんぱく質の成分が入っている食事を積極的に食べましょう。

女性ホルモンのバランスを整えて食えるビタミンEは、うなぎ、アーモンド、卵に入っています。

ビタミンCは貧血の予防をしてくれます。

オレンジやレモンのようなかんきつ系の果物、ブロッコリー、にんじん、緑黄色野菜に含まれています。

たんぱく質は、エネルギーとなり、体を温めてくれます。

ダイエット中も、肉、魚、大豆食品は摂りましょう。

リンパマサージも効果があります。

ふくらはぎを足首から足のひざの方向にむけてマッサージをするとぽかぽかしてきます。